pgrobertのブログ

好きな音楽や美術について。ときどき脱線。

クイーン「Was It All Worth It」を和訳。

What is there left for me to do in this life
Did I achieve what I had set in my sights
Am I a happy man or is this sinking sand
Was it all worth it, was it all worth it

この人生でやり残したことは何かあるだろうか
自分で立てた目標は達成できただろうか
俺は幸せな男なのか それともこのまま沈んでいくのか
それだけの価値は あったのだろうか

Yeah, now hear my story, let me tell you about it
We bought a drum kit, I blew my own trumpet
Played the circuit, thought we were perfect

そうさ、俺の話を聞いてくれ、話してもいいかい
俺たちはドラムセットを買って、自分でトランペットを吹いて自慢して
ライブも回って、それで完璧だと思ってた

Was it all worth it giving all my heart and soul and Staying up all night was it all worth it
Living breathing rock n' roll a godforsaken life
Was it all worth it was it all worth it all these years

それだけの価値はあったのか、全身全霊をかけて打ち込んで
徹夜までしただけの価値はあったのか
ロックンロールとともに呼吸し 荒んだ生活を送る
長いことそれだけのことをした その価値はあったのか

Put down our money without counting the cost
It didn't matter if we won - if we lost
Yes we were vicious, yes we could kill
Yes we were hungry, yes we were brill

糸目もつけずにお金を使った
成功するか失敗するか―そんなことはどうでもよかった
そう俺たちは始末に負えなかった、殺しができるくらい力が漲ってた
そう俺たちは飢えてた、そして最高だった

We served a purpose, like a bloody circus
We were so dandy, we love you madly
Was it all worth it
Living breathing rock n' roll this godforsaken life
Was it all worth it was it all worth it
When the hurly burly's done

俺たちはとてつもないサーカスのごとく 目的を果たした
とてもダンディだったし、死ぬほど君を愛した
それだけの価値はあったのか
ロックンロールとともに呼吸し この荒んだ生活を送る
それだけの価値はあったのか
大騒ぎが終わった時にはどうなるんだ?

We went to Bali, saw God and Dali
So mystic, surrealistic

バリに行って、神とダリを目にした
とても神秘的で、シュールだった

Was it all worth it giving all my heart and soul
Staying up all night was it all worth it
Living breathing rock n' roll this never ending fight
Was it all worth it was it all worth it

Yes, it was a worthwhile experience
It was worth it

それだけの価値はあったのか、全身全霊をかけて打ち込んで
徹夜までしただけの価値はあったのか
ロックンロールとともに呼吸し生活し この終わりのない闘いに
それだけの価値はあったのか

そう、価値ある経験だった
それだけの価値はあったよ




Queenの1989年のアルバム'The Miracle'より"Was It All Worth It"。
邦題「素晴らしきロックン・ロール・ライフ」は曲の本質を突いていていい。
'The Miracle'以降、作詞作曲のクレジットは「クイーン」になりましたが、この曲はフレディ主導で作られたようです。そう言われてみれば、自分のこれまでの人生を振り返るような歌詞はAIDS感染が分かっていつ死ぬかも分からない彼の心情の吐露とも思えます。
今までのことを「価値があったのだろうか」と疑問を呈しながら最後の最後で「それだけの価値はあった」と究極の自己肯定に至る当たりはいかにもフレディそしてQueenという感じがします。
アレンジも凝りに凝っていて、初期の曲を思わせます。これぞQueenの真骨頂!